2015年02月28日

なんでこんなことに・・・「反戦な家づくり」記事に共感します

残念ながら、何も考えないか、分かっていない人がほとんどのように思えてしまうのですが、分かっている人も極々僅かだけれども明らかに存在します。

ブログ:「反戦な家づくり」 2月19日記事 なんでこんなことに・・・


NYTの風刺画
ニューヨークタイムズ(FEB. 8, 2015)より 


まず総理から前線へ
写真はブログ「晴天とら日和」より転載



posted by シムサーキット at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月04日

I AM NOT ABE!!

彼は日本国憲法を踏みにじるおかしな人だ、普通の日本人じゃない。

日刊ゲンダイ 2015年2月2日

古賀茂明氏が語る「I am not Abe」発言の真意


抜粋(全文は上記リンクより)

でも、誰かが声を上げて、「これはおかしい」と言わなければ、太平洋戦争と同じ状況になってしまう。だから、注目度が高い番組に出た際、考え抜いて発言したわけで、反論は予想通りですし、むしろ反響の大きさに驚いているくらいです。

今は戦前のように治安維持法もないし、特高警察もいませんが、安倍政権のテロとの戦いに異論を挟むのは非国民だ、みたいな雰囲気が醸成されつつある。テロリストを擁護する気は毛頭ありませんが、日本が米国と一緒になって世界中で戦争に参加する国だというイメージをつくっていいのか。多くの人が違うと思っているのに、誰も声を出せない。それってやっぱり、おかしいでしょう。

10、20億円程度であれば、官房機密費で払えます。まして、1月には安倍首相の中東歴訪が控えている。身代金を払って解決させる選択肢もあったはずですが、官邸にそういう提案をして却下されたのか、それさえできない雰囲気だったのか。いずれにしても、人命よりも優先させたい事情があったとみるべきです。

安倍首相は対イスラム国の有志国連合の有力なメンバーになりたかったのだと思います。世界の列強と肩を並べて、認められたい。それが安倍首相の願望であるのは間違いないと思います。そんなときにイスラム国に身代金を払ったことがバレたら、米英に顔向けできなくなる。そんなリスクは背負いたくない。後藤さんの命よりそちらを優先したのです。

本来、人道支援というのは武力紛争にはかかわらず、どちらにも加担せずに、政治的意図を排除して、人道主義の立場から行うもので、日本はいつもそれを強調していた。ところが、あの演説は人道支援というトーンを弱めて、軍事的政治的意図を込めた支援であるような言い方をした。この発言を米英は歓迎したようですが、身代金を取れずに焦れていたイスラム国にしてみれば、これで交渉の余地なしとなった。「宣戦布告された」となったのだと思います。

25日、NHKの日曜討論で安倍首相は「この(テロ殺害事件)ように海外で邦人が危害に遭った時、自衛隊が救出できるための法整備をしっかりする」と言いました。これは驚くべき発言で、イスラム国が聞いたらどう思うのか。人命第一と言いながら、その交渉の最中に「いまは戦争できないけど、法律を改正したら、おまえたちを叩くために自衛隊を出すぞ」と言ったわけです。普通の感覚であれば出てこない発言で、安倍首相は中東で米国と人質奪還の共同作戦をやりたいのでしょう。人命のかかった危機を「政治利用」しようとするとんでもない発言です。

私たちは安倍さんとは違う、安倍さんは変なメッセージを送ったが、彼は日本国憲法を踏みにじるおかしな人だ、普通の日本人じゃない。我々は違うということを、世界に訴える必要がある。安倍さんのもとに結束しろという意見があるが、それは危険です。「I am not Abe」ということで、日本人の命を守るには、安倍さんの考え方を否定すべきだということを言いたかったのです。
posted by シムサーキット at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月02日

日本国民は、安倍総理に付き従いテロとの戦争に参戦すべきか?

ツイッター: m TAKANO @mt3678mt 1月29日

テロとは、それを相手に戦うものではなく、なくすように努めるものだ。「テロに屈しない」と息巻いてもテロは無くならない。まして武力で根絶できるものでもない。テロが起きる原因、背景を冷静に分析し、テロが発生しないような環境を整えることこそが本来のテロ対策である。空疎な言葉は無意味だ。



ツイッター: おくあき まさお @tuigeki

イスラム国に日本人2人の殺害の口実を与えたのは間違いない。安倍首相の責任は日本政治史上、重大だ。安倍首相を辞職させることが、後藤、湯川両氏への日本国民の贖罪ともなり、これからの日本国民の安全を担保することにもなる。安倍首相を辞職させることが、我々日本国民のテロとの戦いでもある。



ブログ: 「田中龍作ジャーナル」

2015年2月1日
【イスラム国人質事件】 安倍さん、「憎悪の連鎖にしてはいけない」



ブログ: 「生き生き箕面通信」

2015-02-01
安倍首相の挑発外交と日本国民の「羊主義」が、後藤さんを殺した!



ブログ: 「八木啓代のひとりごと」

2015-02-01
いつかこの日を振り返ったときに




ブログ: 「植草一秀の『知られざる真実』」

2015年2月 1日 (日) 
邦人人質事件:冷静・緻密な分析と考察不可欠



ブログ: 「岩下俊三のブログ」

そのうち消されるだろう記事 2015年01月31日 他の記事---写真閲覧注意下さい。



ブログ: 「カレイドスコープ」

Sun.2015.02.01
後藤健二氏は、安倍内閣に殺害されたも同然



私の意見
・安倍総理は、不用意な言動で尊い2つの人命を落とさせた責任を国のトップとして取るという意味と、日本人すべての危険を最小にするという意味で、国民に謝罪したのち辞任してほしい。二人と国民への謝罪の言葉は発していないと思います。辞任は前にも一度経験しているのだから慣れているでしょう。ここは、器の大きいところを見せて、邦人の安全確保のため一旦身を引き、人道支援のことだったんだと、イスラム国(IS)の誤解を解いたあとにでも再登場すればよいでしょう。

・それと、斉木外務事務次官は、昨年8月に湯川氏が拘束された以降の事件の経緯と外務省としてどのような対応をしたか、政府への対応を含めて、国民に対して説明してほしい。

 外務省設置法【外務省の職務として第4条の9項】  
  第二節 外務省の任務及び所掌事務
  (任務)
  第三条  外務省は、平和で安全な国際社会の維持に寄与するとともに主体的
      かつ積極的な取組を通じて良好な国際環境の整備を図ること並びに
      調和ある対外関係を維持し発展させつつ、国際社会における日本国
      及び日本国民の利益の増進を図ることを任務とする。
  (所掌事務)
  第四条  外務省は、前条の任務を達成するため、次に掲げる事務をつかさどる。
   九項  海外における邦人の生命及び身体の保護その他の安全に関すること。
                      
・政府批判を自粛していた共産党をはじめとした野党は、しっかりと政府与党と議論してください。私は、共産党は、反対するという立場を取っているように見えながら実際は何もせず自民党の補完勢力ではないか、という意見を信じつつあります。

・マスコミ(マスゴミ、先ずゴミ、騙すゴミ?)は、政権に不都合な事実を歪めて報道することをしないでほしい。後藤氏に加えて湯川氏についても、どんな活動をしに行ったのかなど、詳しく新たに標的となった我々国民にも知らせる義務があると思います。

 12月16日夜 
 東京・西新橋のすし店「しまだ鮨」にて、

 時事通信の田崎史郎解説委員、
 朝日新聞の曽我豪編集委員、
 毎日新聞の山田孝男特別編集委員、
 読売新聞の小田尚論説主幹、
 日本経済新聞の石川一郎常務、
 NHKの島田敏男解説委員、
 日本テレビの粕谷賢之解説委員長

 と食事。

 マスゴミたち
 図はブログ「カレイドスコープ」より転載
posted by シムサーキット at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする