2015年09月23日

一刀両断 ドアホノミクス

同志社大教授の浜矩子氏が、アベノミクスなる政策?を一刀両断しています。

-----------------------------------------

2015/08/27 衆議院第一議員会館・多目的ホールで「戦争をさせない1000人委員会・立憲フォーラ-ム」の主催で行われた『「戦争法案」を葬ろう 8.27院内集会』での同志社大学教授、浜矩子氏の『安保法制・アホノミクス・日本経-済の変容』と題されたスピーチです。

posted by シムサーキット at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今この国で進行していること

下記ブログでは、冷静に判断していかないと、一般国民と反対側にいる連中にまたやられてしまうのではないかと心配しています。鋭い指摘かもしれません。

野党大連合の可能性について
ブログ:反戦な家づくり 

--------------------------------------------------------

山本太郎参議院議員の事務所で作ったチラシ、分かりやすく書いてあります。
ぜひ一読を。

永田町恐怖新聞vol.2(pdf)

永田町恐怖新聞vol.2(jpg) (3回目のクリックで最大になります)
<表>
e9ffa76e00b82f9293b9ac87525e0252.jpg

<裏>
a6cdc4611c18e5cb8794852752903423.jpg


永田町恐怖新聞(jpg)
<表>
85d21c2ff01472e61a7ee5f701125b3e.jpg

<裏>
4969cbdba0731a611b992c435f5b91bd.jpg


「参議院議員 山本太郎」オフィシャルホームページ より
posted by シムサーキット at 01:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月06日

対米従属仕方ない症候群

 この国のリーダー達の陥っている病的現象について分析しています。彼らには本当にリーダーの資格があるのでしょうか?

posted by シムサーキット at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月22日

「世間はそれを承知なのか!?」

 ニュース番組のインタビューに答える様子を見ると、まだまだ、承知してない人がいると思います。以下は野坂昭如氏が、大阪日日新聞(8月6日付)に投稿したものだそうです。奇しくも、本ブログ前投稿と同じ意味のことを言っています。

新聞記事はぴの(@ppuripha)氏ツイッターより 

「かつて日本人は、大日本帝国の管理のもと、戦争に突き進んだ。戦後は、占領軍にいいように扱われ、制度としての民主主義、平等、平和、自由の理念がアメリカによって下しおかれた。日本人はこれを受け入れ、豊かさに邁進。戦争について立ち止まり、振り返ることのないまま、70年を経た。気がつけば、かつて大日本帝国が急速に軍国化の一途をたどった時と同じ、世間がぼんやりしているうち、安保法制が衆院を通過、国民に説明不足といいながら、破滅への道を突っ走っている。」


978.jpg
 
2回クリックすると読める大きさになります。
   

posted by シムサーキット at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月15日

アメリカから与えられるままに、全てを惰性で曖昧なままにしての70年間

タイトルにした部分が、一番私の心の琴線に触れた表現です。
オキナワもフクシマも、日本が完全な独立国家となろうとしないがために、辛酸を舐め続けています。

オキナワの占領軍は、永久的に出て行かないでくれと日本側から頼んだという話も知りました。(日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか
もういい加減にパラダイムシフトが必要ではないでしょうか?

以下「生活の党と山本太郎となかまたち」のホームページより転載

------------------------------------------------

戦後70年を迎えて(談話)

2015年8月15日

生活の党と山本太郎となかまたち
代表 小沢一郎

戦後70年という節目を迎えるにあたり、先の大戦において犠牲となられた内外のすべての人々に対し、謹んで哀悼の誠を捧げます。

戦後70年を迎えた今も、日本は政治、経済、社会のあらゆる面において、まだ戦後を脱し切れていません。これは「戦後」の前提となる「戦前」、特に昭和史についての検証と認識が全くなされないまま今日に至っているからだと思います。

私たちは戦前の歴史的事実を冷静に見つめ、謝るべきは謝り、正すべきは正すべきだと思います。その上で、将来に向けてアジアの国々がお互いに力を合わせてやっていこうと呼びかけていくべきです。歴史ときちんと正面から向き合おうとしないから、世界各国、特に隣国の中国や韓国から歴史問題を常に蒸し返されることになるのです。

私は愛国者の一人だと自認していますが、軍事裁判という形を取って懲罰を科す手法がよいかどうかは別として、日本の戦争指導者たちがアジアの隣人に大変な苦痛と被害を与え、また自国民の多くの命と多大な財産を失わせたのは紛れもない事実です。連合国側に裁かれるまでもなく、あんなばかげた戦争を指導した当時の政治家や軍人たちは、自ら責任を取るのが当たり前です。

指導者たる者は、指揮を誤った時には自ら潔く責任を取らなければいけません。日本は8月15日を終戦記念日と言い続けてきましたが、事実は敗戦記念日です。誰も責任を取らないまやかしのナショナリズムではなく、70年前の「敗戦」をしっかりと受け止めて戦後をスタートさせ、新しい国づくりをしていかないと、日本はまた同じ過ちを繰り返すことになります。

日本は戦後、アメリカ占領軍の下で形の上での民主主義が導入されました。そして、アメリカから与えられるままに、全てを惰性で曖昧なままにして70年間を過ごしてきました。

国民一人ひとりが第二次世界大戦を自分の問題として捉えず、自らの意思で戦前の日本に向き合い、検証し、考え、そして民主主義とは何かという結論を導き出す作業を怠ってきたのです。その結果、戦後70年を迎えても、日本は依然として民主主義を本当に理解している国になれないでいます。

昭和の初めには大飢饉があり、農村では身売りしなくては家族が生活できないという現象が日本のあちこちで見られました。また、貧しい農村の人たちは徴兵制で兵役に就きました。

そうした世の中で、「財閥富を誇れども 社稷(しゃしょく)を思う心なし♪」と『昭和維新の歌』で唄われたように、「日本の世の中はおかしい。誰も国のことを考えていない」と青年将校が決起して5.15事件や2.26事件という軍事的クーデターが起きたのです。

更に日本の経済的困窮に拍車をかけたのが、1929年のウォール街の株価大暴落に始まった世界恐慌でした。結局、これに日本は対処できず、軍事的な拡大で戦争景気をあおるしか方法がなく、最終的により大きな悲劇へと突入していきました。

私は5.15事件や2.26事件を政治的に肯定するつもりは全くありませんが、今の社会構造は当時と非常に似てきていると思います。現在はまだ非正規社員でも何とか食べていけますが、ひとたび世界規模の経済恐慌に襲われたら、国民は相当混乱に陥るはずです。

そういう時でも、日本人が自立していて、日本に本当の民主主義がきちんと根付いていれば、皆で知恵を出して合って、何とか困難な状況を解決していく方策を思いつくでしょう。しかし、民主主義の土壌がなければ、5.15事件や2.26事件の時のように、「今の政党政治はだめだ」「民主主義は無力だ」ということで、国民が極端な行動に走ることもあるかもしれません。私は戦後70年の節目の今年こそ、国民一人ひとりが本当に民主主義を身につけるべき年ではないかと思っています。

そして、日本に議会制民主主義を定着させ、国民が一人ひとり自分の頭で考え、投票し、自分たちの政権をつくる。自分たちが選んだ政権がおかしいとなれば、もう一方の政権を選び直す。そういう仕組みを確立する中で、政党も国民もお互いに力を合わせていけば、今後どんなことが起きようとも、日本はそれを乗り越えていくことができると思います。

私は特に最近、一日も早くそういう日本にしなければ危ないと強い危機感を抱いています。戦後70年を機に日本に本当の民主主義を根付かせ、アジアの範となるような国になることに、国民の皆さまと一緒に全力で取り組んで参りたいと思います。
posted by シムサーキット at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月13日

どうか、あなたの力、貸して下さい。

この人はまったくのノンポリティカルだったと思いますが、3.11で衝撃を受け、活動を始めました。社会の底辺にいて、3.11でこのままではこの国は駄目だ、なんとかしなければと願うようになった私の同志のように思えてなりません。私は彼を応援することくらいしかできませんが・・・

山本太郎オフィシャルブログ「山本太郎の小中高生に読んでもらいたいコト」
2015-08-11
お花畑だお

posted by シムサーキット at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月11日

川内原発再稼働バンザイ

 フクシマの収束もされず、原因も明確にされず、誰も責任をとっていないのに再稼働とは!
こんな地震大国で、火山もあるし、万が一原発事故がまた起きたら、誰が責任をとってくれるのでしょうか?
安倍晋三総理大臣かな、原子力規制委員会の田中俊一委員長かな、九州電力の貫正義会長/瓜生道明社長かな、経産省の宮沢洋一大臣/菅原郁郎次官かな、鹿児島県の伊藤祐一郎県知事かな、川内市の岩切秀雄市長かな?

 どこかの狂人が全世界に向けて嘘をついて、オリンピックを開くのだそうだけれど、間違いなく汚染水は垂れ流しです。
ドイツのキール海洋研究所が行ったシミュレーション画像を、また見たくなりました。
原子力規制委員会は、シミュレーションという手法の意味を理解できないようですが、前提条件等シミュレーションの内容を理解していれば、非常に有効なテクニックだということは科学の常識のはず。
今日2015年8月11日は、1614日後(動画で1:06ごろ)になります。その辺で動画をストップさせると、福島県の漁業だけを自粛してもあまり意味がないのでは、と思えるほどに太平洋全体に広がっている様子がわかります。



posted by シムサーキット at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 原発事故 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月16日

「まだ法案の成立を阻止することはできます」

 A級戦犯の祖父の亡霊に突き動かされる狂人とその子分たち(公明党も)が、戦争法案を成立させようとしています。このまま成立させてしまって良いのでしょうか? 
野党は、できうる限りの手を使って成立を阻止して欲しいと思います。
以下「生活の党と山本太郎となかまたち」のホームページより転載

----------------------------------------------------------------

安全保障関連法案の衆議院通過を受けて(談話)

2015年7月16日

生活の党と山本太郎となかまたち
代表 小沢一郎

本日、政府提出の安全保障関連法案が与党の自民党と公明党による強行採決によって衆議院を通過しました。この法案が参議院での審議、採決を経て成立することになりますと、時の政府の判断で日本国憲法の平和主義、国際協調という基本理念や9条の原則も全く無視して、無原則に自衛隊を海外のどのような紛争にも派遣できるようになります。

また、集団的自衛権としての海外派兵問題に焦点が当たっていますが、そもそも個別的自衛権についても拡大解釈する余地が非常に多く含まれています。日本は、戦前の昭和史において、個別的自衛権の拡大解釈によって大陸に兵を進めました。つまり、個別的自衛権の無原則、無制限に拡大解釈されれば、非常に恐ろしい結果を招くということは、歴史が証明しているわけです。

今回の法案が成立すれば、限定的といいつつも、集団的自衛権の行使が可能となります。しかしながら、国会審議の過程で、何らの歯止めのないことが明らかになりました。つまり、日本が攻撃されているといないとにかかわらず、時の政府の判断で全く無原則のままに海外へ派兵できるということになってしまいます。このようにいい加減で国民と国の将来にとって非常に危うい法案は、国会を絶対に通すべきではないとの考え方のもとで、私たちは今日の衆議院本会議そのものを拒否し欠席いたしました。

他の野党は討論をしてから退席されました。討論を行うということになれば、より意思表示を鮮明にできるのは採決の賛否になり、採決に加わるということは当然の筋道です。私たちは、これ程いい加減な法案の採決そのものに反対しており、討論が採決の一部であるとの認識から衆議院本会議を欠席いたしました。

安全保障関連法案は、衆議院を通りましたけれども、参議院を通過しなければ法律になりません。もし参議院で否決されるか、60日間意思決定をしなければ、衆議院に戻って再議決になります。従って国民の皆さまの支援さえあれば、まだ法案の成立を阻止することはできます。私たちも廃案を目指して全力を尽くして参ります。国民の皆さまにおかれましても、廃案に向けてこれまで以上に積極的に行動を起こしていただきますようお願い申し上げます。
posted by シムサーキット at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月12日

川内原発の再稼動を祝って

 めでたい、めでたい、おめでたい国だ。世界一の地震と火山の国。
フクシマの事故は原因も分からず収束もせず。海や大気や食品を放射能で汚染し続けています。
世界一の放射能汚染テロ国家では? 薄まるから大丈夫なのか。
作るのも維持も大変な可笑しな屋根を作る金があるなら、早く放射能を封じ込めたら?

 御用学者ばかりの狂った国にも数少ないけれど正義を貫こうとする科学者がいます。小出先生(元京都大 原子炉実験所助教)の話を聴きましょう。(「」内は小出先生の言葉を私が要約したものです。)

----------------------------------------------------------------------------

「福島県に関わる学者達が、原子力発電所の事故と甲状腺癌の因果関係を調べないで、初めから関係ないと断定していることに大変驚きました。」



「死の灰(使用済み燃料、核分裂生成物)は未だに消す技術はない。財政が困窮した自治体にこれを押し付けることに失敗した。今度は、強権的に押し付けようとしている。10万年〜100万年以上の管理が必要。科学的に保証できるようなタイムスパンではない。世界中で同じ問題に苦しんでいる。一番大切なのはこれ以上このような毒物を作らないこと。」



「凍土壁のような何十年にも渡って常時電源を供給して維持することなど、できる道理がない。失敗しても請け負ったゼネコンは困らない。次の金儲け方法を考えればよい。」



「原発を立地されてしまった自治体は麻薬患者にされてしまったと言える。被害を受ける近くの自治体の意見は、ほったらかしにされる。」
「事実として事故が起きているのに未だに目を覚ますことができない。この国の指導者達、経済界の首脳達、どういう人達がやっているのかと、私は大変残念で情けない。」



「原子力マフィアがどうしても原発をやりたい理由は、金儲け。彼らがフクシマから学んだ最大の教訓は、どんな被害を国民に与えても、自分たちは決して処罰されないということ。」
「日本国は、これまでビジョンなど考えたことがない。ドイツは、技術だけでなく、倫理的にも人間の生き方の問題として考える知恵があった。」
「私が原子力に反対する最大の理由は、単に危険だからではなく、原子力が徹底的に差別を生み出すものだから。」

posted by シムサーキット at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 原発事故 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月08日

これは面白い記者会見だ

 7月7日に行われた「生活の党と山本太郎となかまたち」の定例代表記者会見です。
あくまで個人の意見ですが、何とも、記者の方たちと両代表のやりとりが面白い!
静かに進みますが、だんだん突っ込んだ質問が出て、両代表それぞれに核心に触れているのではという回答あり、なるほどと感心する回答あり。

posted by シムサーキット at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする